FC2ブログ

おでかけ

202006111601346ad.jpeg
先日、リニューアルでしばらく閉園になるという茨城県フラワーパークに行ってきました。
レイアウトはバラそのものを見せる京成バラ園スタイルで、昔懐しいバラ園という感じです。

夫と一緒にいったのでプチちゃんを連れて行きました。
リサイクル屋さんで見つけた3体まとめ売りの子で、名前失念ブライス図鑑で見てみたのですが、よくわかりませんでした)、OFはイッツィビッツバグさんのものです(本体は腰割れしてしまいました。。。)


20200611160129ff3.jpeg
二期目のバラがきれいに咲いていました。



20200611160140119.jpeg
蜂と鉢合わせ( ´∀` )



20200611160131b6b.jpeg
オベリスクにちょこんと座ってみた。



20200611160133526.jpeg
まぶしくて気持ちいい。




20200611160137feb.jpeg
アーチのバラの木で一休み。





202006111602137f7.jpeg
涼んでいます。




20200611160215691.jpeg
大きなパーゴラに赤いバラ。


202006111602168c9.jpeg
鈴なりに咲いていてかわいいです。


20200611160218ae9.jpeg
バラ園脇のレストラン、トレタでランチ。
20品目のサラダです。
アイスプラント初めて食べました。
なかなか面白い食感でした。


20200611160438a2b.jpeg
こちらは、メインのポーク。
蒸してからグリルされているので、しっとりしていながらも噛み応えがあっておいしいです。
天然酵母パンもおいしかったです。
実はあまり期待していなかったけれど、おいしいお店でした。
フラワーパークがリニューアルしたら、また何年後かにでも行ってみたいです^^



追記

20200627145605018.jpeg
みゆきさんからご指摘いただいて、我が家にリトルレトロママさんがいたことを思い出し、並べてみたところ、リトルレトロママさんと判明しました(苦笑


20200627145604294.jpeg
図らずも双子ちゃんになり、今度は2人で活躍してもらおうと思います✨
スポンサーサイト



薔薇の季節になりました

202005141651297ff.jpeg
いつの間にかゴールデンウィークが過ぎ、庭のバラも咲き始めました。
今年は1月の剪定をさぼり、3月に肥料を慌ててあげたのみでしたが、好天が続いたせいかとてもいい感じに咲いています。

ご案内はしれっと、エリーさんです。
マラケシュさんがかわいいので、同じ髪色のエリーさんをお迎えしておりました。
おちょぼ口風のリップが思っていたよりかわいいです。
アイラインありも色っぽくていいですよね♪

実は、年末に奈良に行ったときに連れて行って、マラケシュさんと一緒に、お写真撮りたかったのですが、顔色が暗くて、神戸のイルミネーションでの撮影に失敗して(笑)、お蔵入りになってしまいました。(マラケシュさんはあげております)

白いワンピースとショートブーツは神戸の小さなお店で買ったものです。
いいお天気だったのでカンカン帽もかぶせてみました。
白のクレマチスとのこの写真がとてもかわいいので、薔薇メインのはずがこちらの写真をトップにしてみました。



202005141651319bc.jpeg
後ろのバラは、ポール・ボキューズ。
あでやかな薔薇です。


202005141651286f6.jpeg
ホーム&ガーデンはそれほど咲き進んでいません。
もっとたくさん咲いたら、また上げたいと思います。


20200514165126871.jpeg
セージも咲いております。
エリーさんの髪色や瞳の色とのコントラストがきれいです。


2020051416512547d.jpeg
グレーピンクが美しいクリスティアーナ。
実はすごい数のつぼみがあるので、すべて揃って咲いたら豪華なのではないかな。
楽しみです。


20200514165123871.jpeg
アイスバーグと。
エリーさんの全身を撮りたかったのですが、やっと撮れました。

20200514165122771.jpeg
ティージング・ジョージアと。
黄色のバラってかわいいですよね。
毎回言ってますが、とってもかわいいし花が次から次へと咲く優秀な子です。
でも香りがないのですよね。
しかしそれを補って余りある可愛い花の形


202005141651326d2.jpeg
パット・オースチンやヨハン・シュトラウス、オフェーリアなんかも♡

うららかな  ~ 奈良 壷阪寺編 ~

20200326162143779.jpeg

和歌山へ行った以外は奈良界隈を回りました。
手近なところではお姉ちゃん宅から歩いて行ける橿原神宮、ちょっと頑張って春日大社などへ。

今の時期の奈良観光誘致のポスターに壷阪寺があり、3月中はお雛様が堂内に飾ってあるということで行ってきました。



20200326162131241.jpeg

壷阪寺までは、バスもあったのですが、徒歩で行くことにしました。
高取城址跡コースを参考に、適当に歩くことにしたら、素敵な公園がありました。
公園のフェンスがお城の塀みたいでおしゃれな感じ。


202003261621283b0.jpeg

おすましして。


20200326162135432.jpeg

壷阪寺まで歩いて1時間半くらいかかりました。
ちょうど咲く差が咲き始めた頃だったので、晴れやかな気持ちになりました。


2020032616213731e.jpeg

壷阪寺にはたくさんの大きな仏像があります。
インドとの交流があるらしく、仏像のお顔もおおらかな感じがいたします。



20200406004033cb7.jpeg

本堂にて。
たくさんのお雛様が飾ってあり壮観です。

変わり雛があるとのことで、たくさんのお雛様の中から探してみることにしました。


2020040600411546c.jpeg

五人囃子が、オーケストラメンバーに。


202004060040016fa.jpeg

ハンバーーーーーグ!!


20200326162138588.jpeg

なるほどね^^

さすがマラケシュさん、撮られ方わかってる~


20200326162146838.jpeg

一家団欒ね。

新人のアレグラさんは、映りが。。。



20200326162144c9b.jpeg

とてもいい天気で、気持ちのいい日でした。
これにて、お出かけ編は終わりです。


コロナ禍で、ついに全国に緊急事態宣言がだされましたね。
今は、とにかく不要不急の外出をさけて、当たり前の日常を取り戻せるよう過ごしたいと思います。


 20200326162134b9d.jpeg
桜を見ると気分も上がります。





千畳敷  ~ 和歌山編 ~

20200326161726933.jpeg

三段壁とともに南紀熊野ジオパーク地域を形成している千畳敷へやってきました。

202003261617185dc.jpeg

千畳敷は、その名のとおり広い岩畳を思わせる大岩盤。
瀬戸崎の先端から太平洋に向けて突きだしたスロープ状になった白く柔らかい岩は第3紀層の砂岩からなる大岩盤で、打ち寄せる荒波に浸食され壮大な景観を創っています。



202003261617212d8.jpeg

約1,600万年前に波や潮流によって海底の砂や泥が動かされ、地層の表面に作られたものを漣痕(リップル)と言うそうです。
波の模様が美しく現われている岩盤の模様は様々できれいです。



20200326161733f92.jpeg

いい感じのお二人さんのシルエット。
ほのぼのとしていて、コロナ禍なんて関係なさそうですねぇ。



202003261617358d5.jpeg

ひたすらかわいいマラケシュさんであった。



2020032616173607b.jpeg

風に髪をなびかせて。



20200326161738d5c.jpeg

自然の造形の美しさよ。


20200326161741e59.jpeg

寄せては返す波をぼんやりと眺めていると、この世は平和なようで、大変だったり、無常ですね。

和歌山旅の締めは、露天風呂の崎の湯へ。

万葉の昔から「湯崎七湯」の中で唯一残っている歴史ある湯壷で、湯船から海はほぼ一体、岩に打ち寄せる波を感じながら入浴できます。
午後3時過ぎていたので、波がたびたび湯壺に侵入してきてスリル満点でした。


20200326161946d0b.jpeg
崎の湯は撮影禁止

  三段壁へ~ 和歌山編 ~

20200326161341c2d.jpeg

早めのお昼を済ませて、南紀白浜にある古くは平安時代、源平合戦で知られる熊野水軍が船を隠したという伝説の洞窟三段壁洞窟へ向かいます。

三段壁は、長さ2キロ、高さ60mの絶壁。千畳敷、円月島とともに国の名勝として登録されている景勝地です。紺碧の海にまるで屏風のように立ちはだかっています。

三段壁洞窟へは、エレベーターで地中36mを降りると到着します。
洞窟内から見える海上に、岩肌に10の石像が見えるという「十像岩」があります。
鼠岩・人面岩・スフィンクス・獅子岩・狼岩・猿岩・狼の遠吠え・人頭岩・人面岩の10の顔が見えるそうです。
獅子岩はわかりやすいですね。



202003261613427e5.jpeg

その下に眠る波の浸食によって形成された海蝕洞窟は、かつて熊野水軍の船隠しの場であったともいわれています。
紺碧の海の色と濃いオレンジの岩肌の対比がとても美しく、日本にもこんな場所があったんだなぁ、と感動してしまいました。



202003261613433ae.jpeg

オレンジメイクのマラケシュさんと背景が溶け込んで(人目が気になってそそくさと写真を撮ったので、手の映り込みが(;'∀'))



202003261613461a9.jpeg

ミステリアスなアレグラさんです。


20200326161349913.jpeg

ロケはお手の物のマラケシュさんでした。


20200326161517be4.jpeg

洞窟の中に波が打ち寄せてきます。
大迫力です。


20200326161516bfa.jpeg

洞窟の奥は狭く、行き場を失った波は岸壁にあたってしぶきを上げます。
強い波が来て波が戻る瞬間は、見学台まで波が来るのではないかとつき「キャー」と叫んでしまいました。
本当にドキドキしました。
実際には全然大丈夫なのですが、来る人来る人絶叫していました


202003261617159b1.jpeg
/a>
洞窟から出て、三段壁と十像岩。

コロナ禍には無縁に感じる、とにかくいい天気でした。


次に続きます。

20200326161348801.jpeg
二人一緒なら大丈夫<