スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラケシュさんが行く ~ ヴェネツィア編 ~

vs 003 2016131

 去年末からのお迎えラッシュですが、去年初お迎えはマラケシュさんでした。
 マラケシュさんは娘の大学卒業祝い?で、娘コレクションズの中で一番寵愛を受けております。

 そして、とんと海外旅行には行っていなかった娘なのですが、去年の夏にラスベガスにマラケシュさんを連れて行ったのを皮切りに、中欧へ行ったかと思ったら、院の友だちが憧れの就職先に中途採用枠に合格したとのことで卒業旅行と称して、ヴェネツィア~南スペインの旅のお供で行くことに。
 またもやマラケシュさんを連れて行くとのことで、それ風?のドレスを作ってといわれたので、オヨフクを縫うのにあたふたする毎日でもありました。
 マラケシュさん、まさに海外旅行のお供になった感あります。
 ということで、しばらくマラケシュさん紀行になります。




ベネチアとスペイン(タブレット編)_9742

 実は、関空から飛行機で行くはずだったのですが、カタール航空が関空から引き上げてしまうことになり、便数の減少のあおりで、羽田からの出発にかわったそうです。
 夜遅い出発なので、ゴンドラに乗る予行演習と称して友だちとディズニーシーを満喫したようです。
 本場とディズニーシー比べてどうだった?との問いには、ううん、ま、そんなもんか、って感じだよ、と返事になっていない返事が返ってきました。。。



ベネチアとスペイン(スマホ編)_3645

 まず向かったのは、ヴェネツィアです。
 ヴェネツィアは、その昔娘が3歳のころに行ってはいますが、本人はもちろん覚えていませんので、楽しみにしていた様子。
 ヴェネツィアには、夕日が沈むころに到着。
 颯爽とマラケシュさん歩いております。

 こちらのオヨフクは、自作のワンピと帽子とフード付きケープになります。
 靴は、リカちゃんの小さいお店で買ったブーツです。
 マラケシュさんの普段の生息地は娘の大学の研究室なのですが、このセットに着替えたとたんに、急に皆さんから可愛いといわれるようになったみたいですw



 

vs 019

 18世紀に街を訪れたナポレオンが「世界で最も美しい空間」とたたえたのがサン・マルコ広場です。
 


vs 021
乾杯~

vs 023
前菜

vs 025

vs 026
切り分けてくれました

vs 027
完成品



 一日目は、時間も遅かったのでヴェネツィアの街を散策したそうです。
 ディナーはかなり豪華でうらやましい~



ベネチアとスペイン(スマホ編)_5253

 ホテルの朝食バイキング。


ベネチアとスペイン(マーちゃん集)_177

 ヴェネツィアの街は車が一台も走らない街なので、交通手段は水上バス(ヴァポレット)になります。
 ヴェネツィアといえば、ヴェネツィアン・グラス。
 二日目はヴァポレットに乗ってムラノ島に向かったそう。

 今日のワンピは、リカ服です。



ベネチアとスペイン(マーちゃん集)_9918201621

 上陸しました。
 さて、どこに向かおうか?


vs 039


 ヴェネツィアングラスは、大胆で自由な造形と発色の美しさが特徴なのだそう。
 ガラス細工の工房では、製作工程を見せてくれるし、本島よりかなりお安く買えるのも魅力らしい。
 色とりどりのガラスツリー




ベネチアとスペイン(スマホ編)_9639

 島の中にはガラスのたくさんのオブジェもあるそうです。
 ガラスの花と一緒に。




  vs 096  
 本島に戻ってきました。

 歩き疲れたらジェラート。
 たくさんの種類があるけれど、ピスタチオジェラートのおいしさは格別です。(←私の意見です)
 ピスタチオアイスがあれば必ず買ってしまうという私の刷り込みが効いたのか、娘はピスタチオを選んだみたいです。
 


ベネチアとスペイン(マーちゃん集)_4335

 ヴェネツィアの富の象徴として9世建てられ、14~15世紀にゴシック様式に改装されたドゥカーレ宮殿の入り口。
 奥にヴェネツィア派の画家たちによって描かれた天井画が見えます。
 とにかく豪華ですよね。


 
ベネチアとスペイン(マーちゃん集)_8853

 ドゥカーレ宮殿の荘厳さに圧倒されるマラケシュさん。
 後ろに見える美しい建物はサン・マルコ寺院になります。



マーちゃんためいきト201621

 マラケシュさんの後ろに見える橋は、ため息の橋。
 ドゥカーレ宮殿と牢獄を結んでいた橋で、囚人たちが最期に見る美しいヴェネツィアの風景にここでため息をついたというのが名前の由来だそうです。



ベネチアとスペイン(タブレット編)_5610

 サン・マルコ広場の雑貨屋さんにて。
 お店の人にマラケシュさんの撮影許可をお願いしたところ「かわいいね!!いいね!」とノリノリで、ど真ん中を空けてセッティングしてくれたそうです。
 
 買わなかったの?と聞くと、お人形は、100ユーロくらいと、いいお値段だし、マラケシュさんのほうが可愛いもんねとそっけない。
 洋服だけ欲しいな~、と思ったそうですが、洋服のみの販売は残念ながらなかったので、記念撮影だけになってしまったそうです。
 
 


vs 080

vs 077

 夜は、お友だちが体調を崩して、娘一人で夜の街へ。
 ヴェネツィアの食べ物というとクモガニが有名なのだそうですが、シーズンではないとのことで、エビのパスタを頼んだみたいです。
 娘がエビの殻をきれいにはがして食べたら、「おそろしく器用だね~」とすごく驚かれたそうです。



vs 094

 食事後、ヘミングウェイが訪れたという、カルパッチョの発祥の店ハリーズ・バーに行ったそうです。
 娘はいける口なので、こちらのバー発祥のペリーニグラッパをがっつり飲んだためか、バーテンダーさんがいろいろおまけをくれたそうです。
 
 幸先良いスタートが切れて、まずはよかったです。


vs 090





                              




 
 
 
ショパン  『変奏曲:パガニーニの思い出』 


旅程/ヴェネツィア~グラナダ~フリヒリアナ~ネルハ~マラガ~ミハス~ロンダ~ヘレス~セビーリャ~コルドバ~マドリード~トレド~バルセロナ




 vs 016
コレール博物館の展示
マイナーな楽器ファゴット
市民奏者でもある娘のこだわりショット



vs 028 2016131  
お次は、スペインのグラナダへ~

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

No title

待ってました(*''▽'')!
娘さんの旅のお伴はマラケシュさんって覚えてたので、
まだかな、まだかな~と楽しみにしていましたよ!
まずはロケーションの素晴らしい事♡
本当にあちらは360度絵になりますものね。
それにお魚のグリルも美味しそうだし、エビのパスタも豪快ですねぇ。
(じゅるる)
雑貨店の店主も太っ腹だし^^

マラケシュさんはやっぱり映えますね!
エメラルドの髪が異国情緒たっぷりでいい味でてます!
すみれんさんお手製のおヨウフクも素敵!
続編楽しみにしていますよ。
それから、よかったですね(*^^*)

No title

わ~すてき!楽しい旅行記をありがとうございます!!
イタリアの人形に囲まれた写真、すばらしいです♪いい記念になりましたね。マラケシュさんも楽しそう。

娘さん、一人で夜の街へ行くとは度胸ありますね。お店でサービスしてくれてよかったですね♪
向こうの人はアバウトな感じなので、丁寧にエビの殻をむく娘さんに感心したんですね。うちの息子はエビの殻むかないで食べちゃいます(^^;イタリア人もそうなのかしら?

すみれんさんお手製のフード付きケープもお似合いです!!
続きも楽しみにしてますね

No title

さこみんさんへ

娘の旅行は1月中旬だったので、かなりさかのぼった記事になりますので、日付もちょっとさかのぼった感じでお送りします。
これから順次お送りしていきますが、結構な写真の量があってなかなかエントリーできないかと思いますし、日付も古いままでお送りしますので、たまに覗いて見つけてみてくださいw

マラケシュさん、やはり空の色が濃ゆいヨーロッパでは髪色が映えます。
娘は色気はないが、食べること飲むことが何より好きな娘ですので、旅行はとても楽しかったみたいです。
そして、ドール撮影も、旅のエッセンスになって、楽しかったそうです。

今回はダラダラと長く続きそうです。
お付き合いいただければ幸いです。

それから、ありがとうございます♪

No title

みゆきさんへ

ありがとうございます♪
ドール勢ぞろいの写真は圧巻ですよね。
店主様に感謝です(≧∇≦)b

娘のところに行ったときに娘の行きつけのお店に入ると、いつのまにやらおまけと称していろいろ出てくるのです。
とにかくおいしそうに食べる子なので、色気はないけど何かと良くしてもらえるみたいです。言葉はあまり通じないはずなんですが、愛嬌で乗り切ってしまうタイプなのかもしれないです。

エビの殻むきですが、もちろんイタリアの人でもきれいにむく人はいると思うのですが、その割合が少ないのかもしれないですね^^
娘は几帳面というより食べることが好きな方の要素が強いかと^^;
あれ、みゆきさんのところは女の子だと思っていたんですが、男の子もいらっしゃるんですね。

洋服ですが、あと2つほどでてきますが、ちょっと?な感じです。。。
なので、あまり皆さんに見せたくないような(笑
シェリーさんの記事を1つエントリーした後、また、さかのぼって出します(*′ω`)b゛

No title

マラケシュさん、すみれんさん手作りOFで張り切って旅行してますね♪リカ服もマラケシュさんが着ると、なんだか高級感が出ています( ・∀・)

いつもは大学の研究室にいるなんて、イケテルブライスさんですね!!だから、なんとなく知的に見えるのかしらん??

ベネチアかぁ~。素敵ですね~(*゜∀゜*)
憧れの地です!
ドゥカーレ宮殿、ゴージャスですね~。
コレは生で見たいかも~!

ヴェネツィアングラスも素敵♪
色合いが独特でその土地の感性を想像させますね。
お土産で買ったのでしょうか??

それから、お嬢さん、お料理の写真がお上手~!
美味しそうで、お腹が空いてきましたよ(^^;)
あと、外国を一人歩き出来るなんて、カッコイイ♪旅慣れしてるって感じです!

「マラケシュ紀行」続きも楽しみにしています!
コレを見る度にマラケシュさんが欲しくなっちゃうのよねェ( 。-_-。)

Re: No title

ちっちぃ&みーしゃさんへ

はい、今回もマラケシュさんを連れて行ってきてくれました。
えー、今度もマラケシュさん⁉️と思いましたが、南スペインにも行くので、地中海に面したモロッコ出身のアクセサリーデザイナーのマラケシュさんは再適任者でした( •̀ .̫ •́ )✧

研究室では、教授にもきちんと認識されて何かといじられるらしいですよ♪

ベニスは(古い人なので実はこっちの方が馴染みが深い).もちろんじっくり見て歩けば相当時間をかけられると思いますが、何しろどこもかしこも絵になりますので、ぼんやり歩くだけでも楽しめるんですよね。
もちろん、美術館や教会や貴族のお屋敷などは押さえておきたいところだと思いますけど。

ヴェネツィアングラスは、いろんな作風があり、そして金箔入りとかキラキラも多く、ぶっちゃけお値段の高いものを見てしまってから、自分の買えるリーズナブルなガラスを見ると、うーむ、となってしまいます。
わたしが行った時は、金太郎飴みたいなブローチを買いました。
娘はわたしの誕生日プレゼントに文字盤がヴェネツィアングラスの時計を買ってくれたみたいです。
いつか、ブライスさんたちの背景小物で登場するかも。

娘は食べることが大好きなので、写真に食べ物愛が溢れてしまうのかも(´ ꒳ `๑)
あと、人懐こい子なので、初対面の人からも愛されキャラですが、ラブの方ではないらしい。。。

娘もブライス同伴旅に慣れてきたのか、写真がたくさんでなかなか編集できません(泣
結構長くなりそうなので、テキトーにお付き合いくださいませ〜

プロフィール

すみれん

Author:すみれん
ドールメインの不定期更新ブログ。
コメントもお気軽にどうぞ。
いろいろお話できたらと思っています。
リンクフリーです。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。