スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラケシュさんがいく ~ セビーリャ アルカサル編 ~

vs 385
 よくわからぬまま、入ってみる。     


 さて、午後の部は、セビーリャに戻ってきましたので、アルカサルへ。
 ローマ時代のアクロポリス、イスラムの要塞などを経て、14世紀後半「残虐王」で知られるペドロ1世によって、スペイン各地からイスラム職人を呼び寄せ、グラナダのアルハンブラ宮殿を彷彿とさせる壮麗な宮殿です。

 今回でセビーリャ編は終了の予定でしたが、写真が絞り込めなくて、ひたすら写真が続きます。
 アスレホ(ポルトガル・スペインで生産される、典型的な上薬をかけて焼かれた彩釉タイル)がとてもきれいなので、載せたくなってしまい枚数も多いので、適当に流してお付き合いくださいませ。


vs 384

 マラケシュさん、アルカサルの前にて。
 マラケシュさんの後ろの建物がファザード(正面玄関)で、オレンジ色の中庭右側の回廊部分の大理石が見事です。
 
 

vs 387

 ファザードを入って右側に二階に上がる階段があり、見事なアスレホに圧倒されます。


 
vs 393

 アラベスク紋様が掘られたアーチが連なる乙女の中庭にて。



vs 412

 人形の中庭から乙女の中庭に沿って奥に進むと王の寝室になります。
 床にも、レンガと幾何学模様のアスレホが敷き詰められており、素晴らしいですね。



vs 399

 ゴシック宮殿の礼拝堂。
 見事なリヴ・アーチのゴシックボールトが美しい。
 
vs 398
 
 聖母マリアの祭壇画。



vs 400  

 次は宴会の間。

 壁に張られたアスレホ。
 動物とか奇怪な人物の絵が一面に描かれてるそうです。

 その上にはタペストリー。
 何ともゴージャスな。


vs 402

 ベンチで一休み。



vs 405

 タペストリーの間。
 フランドル産のタペストリーがいくつも飾られているそうです。



vs 410

 次は大使の間。
 馬蹄形アーチも、壁面の装飾もひたすら緻密で美しく素晴らしいですね。

vs 414

 大使の間のドーム状の天井部分。
 


P1020778.jpg

 美しいレリーフとアスレホ。




vs 418

 すごかったね。。。


vs 429

 一階に降りてきました。
 十字架の中庭です。
 こちらはで口方向になりますが、まだまだ見るところはあるみたい。



vs 430

 鴨さん、泳いでます。


vs 431

 階段を昇っていくと。


vs 440

 洞窟のような暗い所があり、そこは、ドーニャ・マリア・デ・ハディーリャの浴槽と言われる雨水を集めたプールでした。
 ドーニャ・マリア・デ・ハディーリャはペドロ一世の愛妾だそうです。

 こんな豪華な宮殿を立てることはできても、水には苦労していたんですね。


vs 452

 さて、十字架の中庭に戻ってきました。
 庭は、とてつもない広さだそうです。

 
vs 445

 まずは、建物のすぐ横のマーキュリーの庭。
 水が二階から落ちているのがみえますね。
 背後の黄色い建物がカルロス五世の部屋になります。
 右側はアルモアドのムワヒド朝時代の城壁を改造した建物だそうです。




vs 465

 植木鉢もレアル・アルカサルの模様のアスレホです。
 ここでも、マラケシュさん休憩です。

vs 467

 見事に対称な植栽とアスレホのマッチング。

vs 468

 お名残は尽きませんが。。。



 次に続きます。
 






                              




 imgfc4efefazikfzj.jpeg
セビーリャ



 spain_map.gif

旅程/ヴェネツィア~グラナダ~フリヒリアナ~ネルハ~マラガ~ミハス~ロンダ~ヘレス~セビーリャ~コルドバ~マドリード~トレド~バルセロナ




  
Julian Bream - Sevilla  



 vs 426 
 次は、カテドラルへ。。。

vs 470

  
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

No title

アスレホ?!本当に綺麗!!
コレを一枚一枚敷き詰めて行く作業は大変でしょうね~。
当時の職人さんはスゴイなぁ~。
(現在でも補修作業されて維持されているのでしょうけど)

よくわからぬまま、噴水??に入っているマラケシュちゃんが可愛いです♪
マラケシュちゃんのコート、ちゃんとフードが被れるようになっていたのですね~、とっても温かそう♪

絢爛豪華な宮殿の中に、一見、不似合いな使い込まれたベンチも味がありますね~。

ドーニャ・マリア・デ・ハディーリャの浴槽の洞窟のような場所は湿度が高そうで、居るだけで美肌になれそうな気がします。

見所盛りだくさんで、お嬢さんも写真を撮りまくってらっしゃったみたいですね!
ワタシみたいな、出不精にはありがたい写真の数々です、いつか行ってみたいな~♪
(今はワンワンが3匹もいるから難しいけど~)

Re: No title

ちっちぃ&みーしゃさんへ

アスレホ、色合いがぱきっとしていて可愛いですよね。
タイルの大きさも様々で、絵柄も自由だし、あらゆるところに張れるという!万能さですね。
日の光を浴びるとキラキラするでしょうし、太陽の国スペインで発達したのがうなづけます。
でも、いざ敷き詰めていくとなったらなかなか大変そうです。
スペインのタイルって、雑貨屋さんでも見かけるので、好きな柄を買って鍋敷きに使うのがせいぜいですw

とりあえず入れそうなところに入ってしまうマラケシュちゃん。
この写真私も気に入っていて1枚目にしてみました。
マラケシュさんのコート、手縫いのドールコーディネートレシピにフードだけ大きくして付けてみました。
なかなかかわよく、次回出てくるときは、意外な使い方が出てきます(●`・ω・)ゞ

スペインは水がぜいたく品だったとおもわれますので、水系施設は王宮にはふんだんにあったんでしょうね。
昔のスペインの人にとっては極楽のような場所だったかもしれないですね。

日本にはない景色や建築物が目白押しですので、写真は1200枚くらいありました。
娘のお友だちもブログを楽しみにしてくれているみたいで、また、娘がトレド観光でカメラを忘れてしまったこともあり、お友だちからスペインの部の写真のファイル丸ごと頂いたので、前の記事にも写真差し替え、追加などしますので、よろしかったら、見てくださいね^^

No title

ほんとに美しい建物と装飾の数々ですね、
壁も階段も手を抜いてないというか…
写真が絞れなくなるのもわかります~
たくさん見せてください(^o^)
マラケッシュさんもすてきです♪

うちの娘はスペインにはまだ行ってないので
こちらの旅行記が参考になりそうです♪
でも運転免許がないと厳しいかな…

Re: No title

みゆきさんへ

アルカサルは、アルハンブラ宮殿とよく似ているのですが、どちらも魅力的でついつい写真をたくさん貼り付けてしまいました(^ν^)
そして、娘のお友だちがスペイン編の写真ファイルを丸ごとくれたので、全部アップした後、差し替えと追加しようと思っていますので、よろしかったらご覧ください。

マラケシュさん、すっかり旅行者になりきって、楽しそうですよね。

みゆきさんの娘さんもスペイン旅行に興味おありなんですね。
参考になったら嬉しいです。
車の方が動きが取りやすいということはあるかもしれませんが、行くところのポイントを押さえればきっと素敵な旅になるとおもいます✨
プロフィール

すみれん

Author:すみれん
ドールメインの不定期更新ブログ。
コメントもお気軽にどうぞ。
いろいろお話できたらと思っています。
リンクフリーです。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。