マラケシュさんがいく ~ セビーリャ・カテドラル、マドリッド前編 ~

vs 475

vs 476

 さて、カテドラルに来ました。

 世界中の人があっと驚くほど立派な寺院を作ろうーのスローガンの元、約1世紀ー100年以上の時を費やして1519年に完成しましたのだそうです。
 イタリア・バチカンの大聖堂、イギリスのセントポール大聖堂に次ぐ3番目の大きさを誇っています。



vs 485

 スペインの英雄といえばコロンブス(出身はイタリア・ジェノバだそうですが)。

 コロンブスの棺がカスティーリャ、アラゴン、ナバラ、レオン−4国を象徴するブロンズ像によって担がれています。
 コロンブスの墓はこの下と言われています。


vs 478

 世界最大の主祭壇。
 聖書のエピソードを1000体以上の彫像とレリーフで装飾した金色の壁に圧倒されますね。



vs 490

 参事会室です。卵のような楕円形の部屋で、中央上部にはムリーリョの「無原罪の御宿り」が。



vs 497

 カテドラルの隣にあるヒダルダの塔。
 12世紀にイスラム教徒により建てられた塔で、この塔を造った王様が上まで馬に乗って上れるようにという注文を付けたために、階段ではなく螺旋状のスロープになっているそうで、そのことが今日の観光客対応にもなっているようです。
 イスラム時代は鐘のある70mの位置(現在の展望台)までの建物だったそうですが、カトリック時代にその上に27mの塔をさらに追加したものだとのこと。
 鐘は今でも時を告げているとのことだそうですが、娘たちは残念ながら鐘の音は聞いていないそう。


vs 504

 ヒラルダの塔入り口付近にとかげの剥製がぶら下げてあったとか。
 何のためかは不明です。。。

 

vs 492

 展望台からは360度の視界が開け、セビリアの街が一望出来るとのことです。
 いい天気だったので、とても良い眺めが楽しめたそうです。

 アルカサルのオレンジの木が植えられたバンデラスの中庭が見えます。


vs 499

 マラケシュさんの真下には大聖堂、その先はさきほど見てきたアルカサール。

 
vs 506

 ヒダルダの塔に隣接した貴重な公文書を所蔵するインディアス古文書館。
 1572年に商品取引所として作られたルネッサンス様式の建物だそうです。
 
 1784年には新大陸に関する文書をまとめる古文書館となり、新大陸に関する文書をまとめる古文書館となり、新大陸発見や制服当時の貴重な資料が保存されているそうです。


 さて、これで、セビーリャは終わります。
 
 サン・パアウロ空港からマドリッドへ向けて飛行機に乗ります。


vs 515

 ちょっと遅い夕食。
 トルティーリャ(スパニッシュ・オムレツ)で有名なメソン・デ・ラ・トルティーヤへ。

vs 517

 出来立てのフワフワのオムレツは、とても美味しかったそうです。


vs 518

 雰囲気の良い店内。


vs 519

 エビのアヒージョ。


vs 520

 デザートはおまけだったそうですが、とても美味しくてラッキーだったぁ、と言っていましたよ。


 vs 524

 そして、はしご酒。。。


 次に続きます。





                              



 imgfc4efefazikfzj.jpeg
セビーリャ



 spain_map.gif

旅程/ヴェネツィア~グラナダ~フリヒリアナ~ネルハ~マラガ~ミハス~ロンダ~ヘレス~セビーリャ~コルドバ~マドリード~トレド~バルセロナ




  
Il barbiere di siviglia "Largo al factotum" 
ディミトリ・ホロストフスキーさん、イケメンですね! 




 vs 501
  明日はトレドとマドリッド観光に行きます。  
スポンサーサイト

COMMENT 2

さこみん  2016, 03. 06 [Sun] 12:42

No title

前回のアルカサルのアスレホも美しくて、
娘さんが何枚も撮りたくなる気持ち、わかります♡
今回も荘厳なカテドラルの景観ですね。
ムリーリョの「無原罪の御宿り」は、あんな上の方に
装飾の一部として飾られているんですね!

展望台のマラケシュさん、不敵な笑みを浮かべて
もう土地の人のよう♪
「セビリアの理髪師」の方、本当にイケメンだぁ!
見ていてうっとりしちゃいました・・

Edit | Reply | 

すみれん  2016, 03. 06 [Sun] 23:13

Re: No title

さこみんさんへ

撮影スポットが目白押しで、シャッター切りまくったみたいです。
フィルムカメラだったら、現像代で気が遠くなりそうですが、デジカメやスマホだと気軽に撮れるというのもあるかとはおもいます。

カテドラルは、信仰の拠り所なので当時の最高の技術を結集してつくられたのでしようね。
ムリーリョの天井画も素晴らしい絵画が遠くにあるからこそありがたいのかな。
ムリーリョさんにとってもとても名誉で、まさに天にも昇る気持ちで描かれたことでしょう。

マラケシュさん、すっかり現地ガイドさんみたいな雰囲気ですね、

ディミトリ・ホロストフスキーさん、歌声はもちろんですが、地毛(らしい)のプラチナブロントも美しいロシアのバリトン歌手さんです。
低音はイケメン率高いらしいです(・ω<)☆

Edit | Reply |