FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラケシュさんが行く ~ トレド、マドリッド後編 ~

P1020787.jpg

 早朝からマドリッドから電車に乗ってトレドに行きます。
 ほぼ30分で着きます。

 トレドは三方をタホ川に囲まれ、クレタ島出身のエル・グレコが後半生を送った頃の佇まいを今に残す町です。
 1561年に首都がマドリッドに移るまで、政治・経済の重要な拠点として繁栄し、「16世紀で歩みを止めた町」と言われます。
 560年に西ゴート王国の首都となったトレドは、711年から約400年にわたってイスラム教徒の支配下に置かれ、1085年のアルフォンソ6世の再征服後も、1492年にカトリック両王によって追放されるまで、この地の経済を握っていたユダヤ人とともに多くのイスラム教徒が居残ったため、キリスト、ユダヤ、イスラムの3つの文化が混在しているのだそうです。

 奈良とトレドは姉妹都市なのだそうです。
 娘は奈良在住なのですが、知らなかったそうです。。。



P1020795.jpg

 サント・トメ教会は、イスラム技術のムデハル様式の小さなキリスト教会です。

20151014141526.jpg

 グレコの壁画「オルガス伯の埋葬」で知られますが、この絵は世界三大名画のひとつだとのことです。


P1020797.jpg
 旧ユダヤ人街の真ん中に位置する、無で春様式の装飾が施されたトランシト教会。
 14世紀にユダヤ教の教会として建立されたが、1492年にキリスト教会となったそうです。

 木造のお格子の天井や、壁の上部のアーチ方の装飾が美しいですね。

ベネチアとスペイン(マーちゃん集)_1479

 トランシト教会にの中庭のオブジェ。

 

P1020807.jpg

 隣接する別館はユダヤ博物館になっていて、ユダヤの石像、衣装、書物など、ユダヤ文化の資料が展示されていたそうです。


P1020822.jpg
 
 迷路のような戦略都市トレドの街角。

P1020824.jpg
 
 街の中心、市庁舎の前に佇むのが有名な大聖堂です。
 建築としての価値はもちろん、スペインで最も権威あるカトリック大聖堂としてスペインの人々の信仰において重要な役割を果たしてきました。
 エル・グレコの作品「聖衣剥奪」、スペイン版のバロック彫刻様式(チュリゲラ様式)によるトランスパレンテなども見事だそうです。

ベネチアとスペイン(マーちゃん集)_3960

 塔の上からの景色。

P1020855.jpg

 枢機卿メンドーサの遺志を継いだイザベル女王によって建てられた貧者、孤児のための慈善病院だったサンタ・クルス美術館。
 展示品では、エル・グレコの作品をはじめとする16世紀から17世紀の絵画コレクションが充実しているそうです。


P1020859.jpg

 トレドの名物で、クリスマスの時期に食べられる伝統菓子マサパン(アーモンドの練り菓子)で有名なSanto Tomé(サン・トメ)
 "マサパン" とはスペイン語やポルトガル語の発音でドイツ語ならマルチパン、英語由来のマジパンのことだそうです。
 砂糖とアーモンドを挽いて練りあわせた餡のような食感のある菓子で独特の風味があるお菓子で、しっとりしていて、甘さもしつこくなく美味しかったそうです。


ベネチアとスペイン(マーちゃん集)_1313
 タホ川の橋でくつろぐマラケシュさん。


P1020878.jpg

 タホ川にかかる二つの橋のひとつ、サン・マルティン橋です。
 13世紀建造で14世紀に改築されたもので、見事なアーチが美しいですね。


P1020880.jpg

 トレド駅は、時計塔があり、イスラム教建築様式とキリスト教建築様式が融合した、ムデハル様式の建築物で、スペインで1位2位を争う「美しい駅」だそうです。


P1020883.jpg

 内部もとても美しいですね。
 
 電車で、マドリッドへ戻ります。


P1020890.jpg

 世界3大美術館の一つとして知られるプラド美術館は、1819年、フェルナンド7世の命により、歴代王室コレクションの保存、公開を目的として設立されたそうです。
 3万点に及ぶ所蔵品があり、絵画館として世界トップクラスの規模を誇るそうです。
 
 ゴヤやベラスケスといった巨匠から、ティツィアーノらのイタリア絵画、ルーベンスなどのフランドル絵画もあるそうですが、館内での撮影は禁止されているそうです。
 


P1020892.jpg

 マドリード2大美術館のもうひとつが、ソフィア王妃芸術センターです。
 ソフィア王妃の名を冠した、スペインを代表する現代美術館として、1992年にオープンしたそうです。
 総面積8万6000平方メートルと、世界有数の規模を誇り、ピカソの「ゲルニカ」を所蔵していることで有名ですね。

 「ゲルニカ」は圧巻だったそうです。
 建物の外観も素敵ですね。




P1020911.jpg

 を

P1020914.jpg

 はさんで食する。(追記:ボケロネス・エン・ビナグレ:いわゆるイワシの酢漬けで、人気のバルでは自家製にこだわるそうです。ビネガー、にんにく、オリーブオイル、ローリエなどでつけるそうです。)


P1020916.jpg

 オリーブはいろいろなバリエーションあり。

P1020919.jpg

 カニとワカメのサラダ。
 ちょっとしょっぱめだったけど、おいしかったそうです。
 スペイン人もワカメを食べるとはびっくり。。。

 晩御飯は、バルでアラカルト。
 いろいろ食べたそうですが、おいしかったそうです。



 次に続きます。



                              




CITYMAP2.jpg
トレド 


 spain_map.gif

旅程/ヴェネツィア~グラナダ~フリヒリアナ~ネルハ~マラガ~ミハス~ロンダ~ヘレス~セビーリャ~コルドバ~マドリード~トレド~バルセロナ


 
TOMMY REILLIY, Toledo, Spanish Fantasy for Harmonica and Orchestra (James Moody )   


 ベネチアとスペイン(マーちゃん集)_6267
  そろそろ、終盤
スポンサーサイト

COMMENT - 4

みゆき  2016, 03. 09 [Wed] 11:23

No title

こちらの建物もやはり美しいですね。
マラケシュさんの背後のサンタクルス美術館やタホ川から見える景色など、すばらしいです♪

食べ物もおいしそうです。
はさんでるのはパスタですか?

姉妹都市って、普通に暮らしてたら知らないものですよね~
私は引っ越してきて間もなく、息子の幼稚園で何周年かの交流行事があったので知りましたが…
インドネシアの都市でした。

Edit | Reply | 

ちっちぃ&みーしゃ  2016, 03. 09 [Wed] 13:09

No title

この頃の建築物は、本当に素晴らしいですね!!
どうやって建てたの~??て不思議に思うくらい( ・∀・)

トレド駅、綺麗ですね~。
自然の美しいところもいいけれど、建築物が豪華な場所も
旅行先として、とても価値ありですね~。
生で見たくなりますもん('-'*)

また、食べ物も美味しそう~~♪
オリーブも沢山つまみたくなるし、アラカルトで色々好きなものを、ちょいちょい食べるのも楽しいですよねん!

そして、マラケシュさんの着こなしアレンジ術、Goodです(*´∀`*)
髪型も可愛い~~!

Edit | Reply | 

すみれん  2016, 03. 09 [Wed] 17:12

No title

素敵な建物のオンパレードなので、いい加減耐性がついてしまいそうですが、そうはならないあたりがスペインの魅力なんでしょうね♪
昔の都市は、敵に襲われにくいような地形を選んで作ったから、周りが川で町は高地にあって、おのずと素晴らしい景色がみられるということになるのでしょうね。

スペインのバル(居酒屋)でだされるタパス(小皿料理)は、日本人の口に合うものが多いらしいです。
食べ物のおいしいところは旅しても楽しくていいですよね。
挟んでいるのは、得体のしれない白い魚だそうです。
今度奈良に行くので、食べさせてくれるみたいなので、できればレポします。
あと、一番下の食べ物はカニとわかめのサラダだそうです。
本文内にも載せておきます(すみません

姉妹都市って、どうでもよいといえばよい気もしますね~
そんなもんだということで(笑

Edit | Reply | 

すみれん  2016, 03. 09 [Wed] 17:19

No title

ちっちぃ&みーしゃさんへ

トランシト教会はじめ、トレドの建物も、平凡な言葉ながら素晴らしいですよね~
つくづく娘たちがうらやましいですw

トレド駅は教会みたいですよね。
こんな駅舎なら行ってみたいです。

旅先は、自然が豊かで~建築物も素晴らしくて~食べ物もおいしくて~お土産品も素敵なものがあって~と、いろいろ尽くしのところがいいですよね。
その点スペインはすべて網羅しているみたい。

食べ物は特にいいかも。
ぜひにぜひに。

マラケシュさんのマントがウエストマークで使われているのには、びっくりでした。
人間ではまずできませんからね(爆

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。