久しぶりの

IMG_7298.jpg
 奈良の夕陽(二日目) 


 さて、今回の奈良には、久しぶりに登場のミランダちゃんを連れてきましたよ。
ミランダさんがきているのは、くま太郎さんのニットとスカートセットです。
ミランダさんはオレンジメイクなので、濃いめのサーモンピンクがお似合いですね。
髪のパッチン留めは、奈良町の羊毛フェルトグッズ屋さんの「ひつじや」さんで見かけて、このオフセットにぴったりかなと思って買いました。


 こちらに来て、風邪をひいてしまったので昼間は娘の部屋で寝ていたのですが、夕方になるとなんだかもったいない気がして散歩に出かけてしまいます(それが風邪がよくならない原因かもしれないと反省はしています。。。)

 ということで、お医者さんに行った帰りにふと、東大寺の二月堂に行ってみたくなり行ったところ、6時半過ぎだというのに境内に人がわりといてびっくり。
 よく通っていらっしゃるらしいおじいさんに、「日が沈む6時頃がきれいなんですわ。」といわれ、携帯の画像を見せていただくと、見事な夕焼けに照らされたうろこ雲の写真。
 うーむ、今回はもう観光はあきらめて、夕日にかけよう。

 ということで、二日連続して二月堂に通いました。(結局それが治らない原因だと気付き、昨日は一日寝てました。)



IMG_7275.jpg

 二日目は、ちょっと早めに家を出て、私の好きな奈良町界隈をお散歩します。

  無国籍っぽい格子にて。

 この時は靴を履いていたのですが、どこかで落としてしまったので、以後靴なしになりましのた(泣
 


IMG_7279.jpg

 こちらは、「ならまち格子の家」です。

 江戸時代末から明治時代にかけて、「ならまち」に点在した町家をモデルに建てられた施設です。
 ウナギの寝床とも表現される、間口が狭く奥行きの長いところが特徴です。
 二階への階段は、狭い空間を有効に使おうと「箱階段」として収納スペースを確保するなど工夫されています。
 また、外から中が見えにくいハーフミラー的な役割をする格子や、通風や採光の役割を果たす中庭・土間の明かりとりなどの機能性を実際に係の女の人がしてくれて、素晴らしい先人の知恵に驚愕しました。
 入場は無料ですし、中の調度品はひな祭り仕様になっていたりして季節を感じることのできるしつらえで、おすすめスポットです。
 娘の受験の時に来て、感動したのですが、ずっと来ていなくて、今回で二回目です。

 こちらは、入り口すぐの受付です。


IMG_7276.jpg

 あかり取りされた通り庭にて。


IMG_7284.jpg

 狭い間口ですが、採光が工夫されているので、ゆったりとした空間です。


20160316232209f32.jpeg

 奈良と言えば鹿。
 東大寺南大門にて。

 とても仲良しな二頭でした。



IMG_7256.jpg

 二月堂の境内に上る階段の真ん中部分が黒く変色していたので、火の勢いのすごさを感じることができました。



IMG_7258.jpg

 二月堂は、お水取りの時とお松明の時は境内の下だったので、実際に上るのは初めてです。

 美しい明り。

 二日目は五時半くらいについたのですが、聞きしに勝る絶景が見られるとあって、境内はたくさんの人がいました。(といっても20人弱くらいです。)

 写真愛好家のおじ様が、夕日をきれいに撮るには強制フラッシュがよいこと、少し沈みかけの方がいいことなどかたっていらっしゃいました。
 なるほど~ 
 


IMG_7292.jpg

 日の沈みかけくらい。

 まばゆい色ですし、強制フラッシュで風景が黒い。 
 


IMG_7293.jpg

 かなり日が沈んでから(と言ってもそんなに時間はたっていません。)

 大仏殿も奈良の街もうっすらと見えてきれいです。


IMG_7304.jpg

 帰り道。

 葉の落ちた木のシルエットがきれいですね。

 昼間のお寺巡りもいいけど、こんな楽しみもありますね。


 ミンティー・マジック : ミランダ


IMG_7259.jpg
すごくきれいな夕陽だった。一日目)   
スポンサーサイト

COMMENT 4

さこみん  2016, 03. 22 [Tue] 01:45

No title

奈良の景色、やっぱりいいなぁ!
帰り道の写真なんて、どこのアジアの裏道?って思うほど情緒ありますね!
たそがれ時の少し心もとない雰囲気が、大好きなんですよね~
夕日を撮るには強制フラッシュがいいんですか!( ..)φメモメモ
参考になります。

もう10年くらい前?鹿男あをによしが流行った頃、
家族で奈良に行きました。
カフェに入って、ここが玉木宏が座ったイスだ♪とか、
猿沢の池の階段もロケ地だったのよね♪とか、
かなりミーハーな事をしました(^^ゞ
ならまち紅屋のココナラをお土産に買ったり、
カナカナというカフェに入ったり、懐かしいです。

娘さんもすみれんさんがいらっしゃると安心されたでしょう♪
ミランダさんのOFも温もりがあって、奈良の町によく合ってますね!
靴は残念でした・・(>_<)

Edit | Reply | 

みゆき  2016, 03. 23 [Wed] 12:10

No title

夕暮れの空の色、とてもきれいですね。
強制フラッシュ、私も試してみます♪
ミンティーさんもかわいいです。くま太郎さんのセットが似合ってますね♪

ならまち格子の家の格子、風情があっていいですね。
きちんと管理して無料で見せてくれるとは、さすが奈良です。

5月っ子のお値段、お洋服の影響なのかほんの少しお安くなってますね
それでも高いけど・・・
見に行ったらほしくなりそうでこわいです(^^;

Edit | Reply | 

すみれん  2016, 03. 24 [Thu] 00:48

No title

さこみんさんへ

奈良は、高い建物がないので、市街地と歴史ある遺跡との共存がうまくいっていますね。
二月堂からの帰り道は、言われてみると塀の感じが無国籍な感じですね。
夕日を撮るには強制フラッシュといっても、手持ちの小さいフラッシュでは追いつかないかなとも思ったのですが、一応つけてみました。

鹿男、我が家もはまりました。
楽しいファンタジックなドラマでしたね。
娘の受験はそれから5年くらいたった時だったので、あおによし詣ではできませんでしたが、興福寺~東大寺~春日大社からのならまち入りだったので、お昼がさこみんさんの入られたカナカナでした(偶然ですね。)
お土産に手ぬぐいとか、バンビは迷ってやめましたが、お気に入りのお店も見つけました。

娘は家には寄り付かないのですが、こちらが行くのはOKだそうで、6月に法事があるので長逗留する予定です。
次回は風邪などひかないよう気を付けます!

Edit | Reply | 

すみれん  2016, 03. 24 [Thu] 01:01

No title

みゆきさんへ

奈良って、行っていえる間は必ず雨降ることは降るのですが、当初の予定のお水取りと娘の吹奏楽のコンサートと夕日を撮りに出かけた時くらい鹿晴れ間がないという天候の悪さでした。

ミンティーさんのこのお洋服は娘もかなり気に入ったようで、この姿のまま居候ということになりました。

夕日、もうちょっと雲がないか秋のうろこ雲の空だったら、もっと、なんて思いますが、元の腕の問題もありますのでね^^

格子の家は、住みたくなるくらい素敵な建物でした。
おすすめですよ~

5月の子は、レインコート込みでリボン付きであのお値段ということは、なんだかすごくお得な気もするのですが、もう顔を見ないでお迎えはこりごりなので、予約はしないで、発売前売り切れでなければ店頭に行こうかな~と思っています。
でも、ラディエンスプラスはもうお腹いっぱいなような気もしています。

Edit | Reply |