スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーセフィヨルドを見に ~ アナにあこがれて ~  ノルウェー編

P9070034.jpg

 ご無沙汰しております。
 父ですが、20日余りの闘病の末、穏やかになくなりました。
 それからブログの方は長い夏休みになりましたが、ブラ活は髪の手入れや着替えを思い出してはしていた感じ。
 また、娘が北欧~中欧~ドイツ旅にマラケシュさんを連れて行くということで、OF製作もほんの少ししました。
 今週末は、デヴィデラクールさんをお迎えする予定で、楽しみにしています。


_DSC0479.jpg

 さて、今回の旅もマラケシュさんがご案内役を務めますが、女子4人旅ということでもう一人連れて行ってもらうことができました。
 とはいえ、現地移動時間も長く、いきなりトレッキングなので、まずはベテランの?マラケシュさんにお願いしましょう♪
 オヨフクはオクにて入手したものになります。 
 何回かに分けてのアップとなりますので、しばらくおつきあいくださいね。

IMG_0854_convert_20161017155734.jpg

IMG_0857.jpg

IMG_0858.jpg


 今回の旅の目玉はフィヨルド巡り。
 オスロからノルウェー南西部に位置するスタヴァンゲル(Stavanger)まで8時間余り夜行列車でむかったそうです。
 二人部屋で、ゆったり過ごせたそうです。
 スタヴァンゲルは、リーセフィヨルドへの拠点の町です。
 
P9070058.jpg

 スタヴァンゲルからフェリーでタウ(Tau)へ渡り、そこからバスで登山口まで行き、頂上まで徒歩で向かったそうです。
 所要時間はフェリーが40分、バスが30分、登山がおよそ2時間だそうです。
 


P9070059.jpg

 岩場をよじ登る感じのとこがあるので、トレッキングシューズは必需品で、頂上は風があったりして寒いとのことでグランドコートも持って行ったみたいですが、実際は暑かったようです。

_DSC0451.jpg
手を振っているのは娘たち


_DSC0455banzai.jpg

 このリーセフィヨルドの中でも、「アナ、クリストフ、オラフが落ちた崖」のモデル「プレーケストーレン(Preikestolen)」は、海面から604m垂直に上へそびえ立ち、頂上は約25平方メートルの平らな台で、柵も何もなくスリル満点だったそうです。
 この氷河の産物は、まるで「演説壇」のようだと言われており、ノルウェー語でそれを意味する「プレーケストーレン」という名がつけられたそうです。

 
P9080071.jpg

 晩御飯。
 白身魚すり身とトマトとジャガイモにおつまみ4種盛り!おいしそうですね。

 オスロからの日帰りはできないので、2泊してまずはフィヨルド巡り、二日目は市内観光をして夜行でオスロに戻ったそうです。



   P9070035.jpg
  次回は市内観光編  
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

No title

こんばんは♪

おっ♪マラケシュさんの旅行記ですね(*'ω'*)
ふむふむ、今回は北欧~中欧~ドイツ旅なんですね!

「プレーケストーレン」雪が積もっていたら、まさにアナ雪の世界ですね~!!
それにしても、断崖絶壁!足がすくみそう(+_+)
お嬢さんたちは全然平気なんですね~。

デヴィデラさんも、ついに今週末ですね♪
楽しみですね(*´з`)

No title

こんばんは!
マラケシュさんはまたどんな旅をしてきたのでしょう(*‘∀‘)
娘さんに気に入られて、本当に幸せ者ですね~
それに今回はもう1人?!
誰だろう~と思いながら、楽しみに見させていただきます♪

プレーケストーレン、高所恐怖症なのでとてもムリ。
それにマラケシュさんが風で飛ばされたりしたら・・・
なんて勝手に想像して足がすくみそうですよ(◎_◎;)
きっと日本ならああいう場所はぐるっと柵で覆っちゃって、
ここから先は立ち入り禁止!みたいになっていそうですね。
娘さんたちは若いなぁ、羨ましいです(^o^)/

No title

わー!旅行記楽しみです♪
夜行列車で女子旅、いいですね~
寝台列車、一度乗ってみたいです。あまり眠れないかな…

プレーケストーレン、すごいところですね!
柵もしてないとは・・・
皆さん気持ちよさそうだけど、私だったら立てなくて地面にへばりつきそうです(^^;

空気が澄んでる感じで、マラケッシュさんのお洋服もよくお似合いです♪

No title

ちっちぃ&みーしゃさんへ

こんばんは^^

今回はもまたヨーロッパ方面の旅行になります。
「プレーケストーレン」がアナ雪の舞台とだったというのは、今回初めて知りました。
9月中旬から5月上旬はバスがプレーケストルンの手前までしか行かなくなるそうで、まさにラストチャンスだったようです。
雪が積もっていると美しいのでしょうが、柵なしでは本当に危なそうですね^^;

娘たちはそれぞれジャンプ写真も撮っていたのですが、私もとても怖くて立てない様な気がします。

デヴィデラさん、どんな子が来るのかとても楽しみですが、怖いような気もいたします。。。

No title

さこみんさんへ

今年は娘はずいぶんと海外に出かけており、そのたびに連れて行ってもらっているマラケシュさんがうらやましい限りです。
娘のマラケシュさん愛はかなり強いのですが、今回連れて行ってもらったもう一人の子は、娘が一番かわいいと言っていた子です。
お楽しみに♪

プレーケストーレン、自然の造形美ですね。
美しいものには厳しさもあり?、私も行ってみたいなと思っています。(いつのことやら)
柵は景観美もさることながら、杭を打ったら割れたりして大変なんでしょうね。
マラケシュさんが飛ばされてしまったら!!
そんなこと思いもつきませんでしたが、そしたらショックですね~
でも、大事に抱えられていたみたいですから無事に帰還しております^^

No title

みゆきさんへ

今回もヨーロッパ旅。
女子はやはりヨーロッパがお好きなようです。
なんでも、食べ物がおいしいからとのことで、それは納得です。
私は新婚旅行でバンクーバーからジャスパーまで大陸横断鉄道で乗ったことがあります。
みゆきさんのコメントを頂いて、寝台列車は乗ったことあったかなと思いめぐらして思い出しました^^
眠れたかどうかは忘れましたが、朝日の昇る景色に感動したのを思い出しました。

プレーケストルンは、ナイフで切り取ったような巨大で垂直な壁がとても魅力的ですよね。
柵のないのは恐ろしいけれど、景観を重視するとそうなるのかなというところです。

マラケシュさんすっかりベテランさんになっていて笑ってしまいます♪
プロフィール

すみれん

Author:すみれん
ドールメインの不定期更新ブログ。
コメントもお気軽にどうぞ。
いろいろお話できたらと思っています。
リンクフリーです。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。