記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産へ ~ クロアチア  シベニク・スプリット ~

クロアチアブライス_170401_0122

 さて、オパティアから再びバスに乗って移動です。
 次の予定地シベニクまで310km、5時間の予定です。
 ううむ。


クロアチアブライス_170401_0125

 途中休憩です。
 ちょっと色あせた感じもなんだか趣のある、遊具にて^^
 いい天気で何よりです。


クロアチアブライス_170401_0129

 シベニクに到着!
 海の青さが目に沁みますね~


クロアチアブライス_170401_0132

 シベニク旧市街から聖ミカエル要塞へ。
 こちらからはシベニクの街が一望できるのです。
 


クロアチアブライス_170401_0130

 聖ミカエル要塞で絶景を堪能した後、旧市街へと降りてきます。



クロアチアブライス_170401_0134 
 階段のところでちょっと一休み。
 あと少しで世界遺産の聖ヤコブ大聖堂に着くよ。




クロアチアブライス_170401_0133

 聖ヤコブ大聖堂は、1431年から1535年にかけて建築されました。
 ゴシック様式とルネッサンス様式が融合したとても珍しい大聖堂です。
 石造りの大聖堂としては世界最大級だそうですよ。
 

20170330_170401_0680.jpg

 娘もポケモンGOをしているのですが(今さら)、ヨーロッパ限定のバリヤードをシベニクにてゲット。
 ポケモン交換機能が装備されたらもらう約束をしています(失笑


 シベニクから移動バスに乗ってスプリットへ向かいます。

 

クロアチアブライス_170401_0137
 
 今から1700年ほど前、ローマ皇帝ディオクレティアヌスの宮殿が街の起源となったスプリット旧市街。
 
 マラケシュさんが立つ後ろにそびえる建物は大聖堂(カテドラーラ・スヴェトグ・ドゥイェ)。
 ディオクレティアヌス帝の霊廟として建てられたものがのちにキリスト教の境界として使われるようになったそうです。
 宮殿内でも最も見ごたえのある建物で、ぺリスティルの東側に位置する八角形の建物が特徴的な大聖堂。
 ロマネスク様式のこの大聖堂の入り口の扉には、受胎告知から昇天までのイエスの受難物語の28場面が彫り込まれており、ロマネスク様式の彫刻の傑作として知られています。
 大聖堂内部の祭壇や聖歌隊席にはとても美しい装飾がなされています。



クロアチアブライス_170401_0135

 ディオクレティアヌス宮殿は今から約1700年前に、ディオクレティアヌス皇帝が晩年を静かに過ごすための宮殿として建設され、皇帝は海が見える宮殿の南側で6年を過ごしたそうです。
 北側には皇帝に使える兵士や使用人のための住居が並んでいたと考えられています。

 

クロアチアブライス_170401_0136

 1700年が経った今も、敷地内には当時の様子を偲ぶことができる宮殿の一部がたくさん残っていますが、ローマ時代の様子を一番鮮明に伝えてくれるのが「地下宮殿」と呼ばれる地下スペース。
 南側の地下に位置しており、現在はお土産屋さんが並ぶショッピングエリアや見学スペースとなり、たくさんの人々で賑わいます。 見学スペースにはローマ時代の水道管や机、皇帝の胸像、中世に使われたオリーブの圧搾機などが展示されており、大変保存状態の良いローマ時代の建物の様子を間近に見ることができます。

 実は“地下”宮殿と呼ばれているこのスペース、わざわざ地面を掘って地下に作られたものではなく、もともとは地上に建っていたと考えられています。
 1年間に1mmの地盤沈下が起こっており、今では完全な地下空間になっています。

 もともとは宮殿が建設された当時、このあたりの土地は海に向かってなだらかに傾斜していたそう。そのような土地に、できるだけ海の近くに宮殿を建てるべく知恵を絞ったローマ人。
 海に向かって土地が下がる南部分の建物を数層に分けて高くすることにより、北部分の建物と高さを併せ宮殿の上層部を水平に保ったのです。

 その地下には巨大な地下の空間が広がっています。地上部は皇帝の死後に住みついた人々の手によって、破壊、増築、改装などがされてしまいましたが、地下では宮殿本来の姿を見ることができます。
 中世に建てられた宮殿地下に入ると、水道管や机、皇帝の胸像や、オリーブの圧搾機などが残され、宮殿の様子を偲ぶことができます。

 現在地下宮殿は博物館(有料)となっており、入口付近にはミュージアムショップ(入場無料)もあります。


クロアチアブライス_170401_0138
 
 大聖堂のすぐそばに建つ高さ60mのロマネスク様式の鐘楼にて。
 宮殿の外からも見えるこの鐘楼は街のシンボルでもあります。
 鐘楼の中は階段で上れるようになっており、かなり狭くて勾配がきついため、上るのが大変ですが、頂上では360度スプリットを見渡せる素晴らしい眺めが見られるのです。




20170330 #1_170401_0496

 また、北門の外側に聳え立つグルグール・ニンスキ像。



クロアチアブライス_170401_0140

 左足の親指に触ると幸運が訪れるといわれています。
 マラケシュさんもしっかり足に触れてみたそうですよ。

 と、こちらでマラケシュさん撮影をしていたら、同じツアーの人はじめあと、アジア人旅行客もマラケシュさんを激写?し始めたそうです。
それからは、マラケシュさんはほかのツアー客の方のモデルとして活躍したそうですよ。





クロアチアブライス_170401_0142

 アドリア海の夕暮れ。
 海沿いのプロムナード。
 散歩道やベンチやお店が並んでいて賑わっていました。
 綺麗に舗装したそうです。
 でも綺麗になりすぎてしまって街の人の中には不満の声もあったそうですよ。


 map01.gif 





 
                     
 



    




 
                     
 


 クロアチアブライス_170401_0115
まだまだ続くよ♪
明日は新人さんの出番です♡ 
 




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。