FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶壁に広がる世界遺産の村へ   ~ チンクエ・テッレ編 ~

IMG_0677re.jpg
 今日は、世界遺産の街として知られるチンクエ・テッレ(5つの土地という意味)へのバスツアーに出かけます。
 今回の旅行を計画するにあたって、娘のバイト先のイタリアンレストランのオーナーに薦められた場所の一つがチンクエ・テッレ。
 チンクエ・テッレは、イタリア北西部リグーリア海岸の断崖に要塞都市として建設された街々の総称で、隣の村と村の交通の手段が船に限られた時代が長かったため独特の文化育まれた魅力的な土地です。
 しかし、交通の便が決して良いとは言えないため、レンタカーではなく公共交通機関を使っての移動となると、かなりハードルが高く、あきらめる方向でした。
 幸い、旅行相談に行った旅行代理店にオプショナルツアーがあることが分かり、急きょ行けることになりました。
 ということで、とても楽しみにしていました。



IMG_0587re.jpg
 前日の晩からの雨。
 明け方には雷が鳴り、明け方から目が覚めてしまいました。
 ホテルを出るときは土砂降りの雨で、ツアーバスに乗り込んだ時は服もずぶぬれ状態でした。

 待ち合わせの時通り沿いに押し出される形で待っていた私たちは乗り込み順番が早くて二階建てバスの先頭に座ることができました。
 ということで、お二人さんもちゃっかり先頭に座りました^^ 


IMG_0589re.jpg
 バスの運転手さん、結構急発進急カーブ運転なので、お二人さんは寝かせた状態に。。。



IMG_0603re.jpg
 今回のツアーは、イタリアの旅行会社が主催するイタリア語、英語、日本語圏の混合ツアーでした。
 日本人は私たち2人だけなのに、日本人ガイドさんが同行(夏季は一人からガイドさんが付くそうです)してくれて、後部座席から見どころなどを紹介してくれます。
 こちらは、最初に到着したマナローラという村のオリーブ畑。
 この時点で、雨がやんで曇りの天気になりました。



IMG_0609re.jpg
 マナローラの街の土産物屋の並ぶ目貫通りを抜けて海岸に向かうところで。
 
 チンクエ・テッレの街の家並みはブラーノ島の民家と同じく、漁から帰ってきたときに遠方からでも自分の家が分かるように外壁がカラフルな色に塗られています。
 外壁の色は自分で勝手に変えることはできず、届け出をしなくてはいけないのだそうです。


 
IMG_0619re.jpg
 トレッキングロードから街並みを眺める。
 断崖に張り付いたように並ぶ家々、カラフルな藤壺みたいですね(ぷぷぷ。。。)
 ここで、ほかのツアー参加者の方から「とってもかわいいわね♪」とおほめのことばをいただきました。

 雨はやんでいたけれど、海岸なので風がきつかったです。



IMG_0628re.jpg
 クリスマス時期には集落全体が「世界で一番番大きいプレゼーピオ(キリスト生誕の様子を表したジオラマ)と称されるイルミネーションで飾られることでも知られているそうです。
 やはり、こちらに宿泊して灯りのともった家並みを見てみたいですね。



IMG_0647re.jpg
 マナローラから電車に乗って、ヴェルナッツァにも寄ったのですが、20分ほどの自由時間しかなくてちょっと残念でした。

 そして電車で、チンクエ・テッレで一番大きな集落であるモンテロッソ・アル・マーレへ。
 駅を出るとすぐに目の前に海岸が広がって、遊歩道が続きます。
 街は駅を出て右側は新市街、左側は旧市街です。
 


IMG_0648re.jpg
 ツアーのおまけ、レモンチェッロの試飲のため、新市街の山側へ歩いていきます。




gohann20170910.jpeg
 試飲の後、ちょうどお昼時だったので、海岸沿いのトラットリアでお昼にしました。


parasoru2017.jpeg
 お昼を食べている間に、お天気がかなり良くなってきました。
 

165613dd-s.jpg
 旧市街へ。
 サン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会へ。
 ファサードが白と黒のボーダー柄になっています。
 中央にダークグリーンの扉口があり、その上にあるタンパンはフレスコ画で装飾されています。


IMG_0655re.jpg
 外装と同じ、白と黒の縞模様の柱と市松模様の内装はシックで美しいですね。
 2011年の秋にチンクエ・テッレは大洪水で大きな被害を受けたそうです。
 こちらの教会は大洪水の被害から復活した教会としても有名なのだそうです。



IMG_0668re.jpg
 トマト畑の下の壁面。
 ところどころにブルーの貝殻のオブジェがちりばめられていて、すきまがあったので、もぐって?みた( ´∀` )v



IMG_0673re.jpg
 次の目的地への移動待ち合わせ場所の駅はもうすぐ。




IMG_0678re.jpg
 フェリーに乗ってポルトヴェーネレへ移動という予定だったのですが、チンクエ・テッレの港は少しの波が出ても運行されないとのことで、フェリーでの移動は中止になって、リオマッジョーレへ向かいました。



IMG_0680re.jpg
 30分くらいの自由時間でリオマッジョーレからマナローラまでの「愛の小径」と、船着き場方面への散歩道のどちらかのルートを選ぶことになり、私たちは船着き場のルートにしてみました。
 ヴェラさん、高いところから失礼します。




IMG_0681re.jpg
 観光船が入る岩礁が張り出した船着き場や、高台にはピンクや黄色の色とりどりの家が並び、ドラマチックな風景ですね。

 楽しみにしていたチンクエ・テッレの街々。
 個人で1日という限られた時間で回るのはなかなか大変なので、訪問できてよかったです。
 でも、できればもうちょっと長く滞在したかったなぁ。

 次回は、ローマ編です。



    
                    
 


italy_map.gif



                    
 



IMG_0669re.jpg
こんなにきちっとはまるとは。。。
スポンサーサイト

COMMENT - 4

さこみん  2017, 10. 17 [Tue] 23:48

No title

いいなぁ、娘さんとイタリア・ギリシャに~♡(^^)/
今までの分読みました!
眼福の光景が続きますね~
そして!ヴェラさんがいる!!
やっぱ天然ぽくて可愛いですね。
うちにはレインがいるからと見送ったものの、
何で比べちゃったんだろう、全然違うのに(ノД`)・゜・。

「息抜きされてますか?」なんてコメしてしまいましたね。。。タラ~
しっかり息抜きされてるではないですか♪
よかったです。下のお嬢さんと楽しまれてきたんですね♡

ミャウジーさんも聡明な可愛さ(?)でいいコンビですよ~
続き楽しみにしています!

Edit | Reply | 

みゆき  2017, 10. 18 [Wed] 16:12

No title

1枚目の写真にびっくりしてしまいました!絶景ですね♪
二人のブライスさんもとてもきれいです。
岩からサボテンが出てるのも珍しいですね。
特にヴェラさんのデフォ服が、この町に似合っている気がします。

とてもすばらしい町で、オプショナルツアーがあって本当によかったですね!
しかも専門のガイドさんがついてくれてラッキーでしたね~

ボーダーの教会もすてきです。なかなか無いデザインですね。

Edit | Reply | 

すみれん  2017, 10. 19 [Thu] 12:19

Re: No title

さこみんさんへ

はい、長い親娘旅になりました。
親娘旅の方に、結構お会いしましたよ。
行く前は長い旅だな~と思っていたのですが、チンクエテッレから先はあっという間に経ったような。
ヨーロッパはどこに行っても眼福の景色が広がりますね。

ヴェラさんとレインさん、カテゴリー的には同じですものね。
ヴェラさんは前髪が短い分、天然ぽく見えるのかな。
レインさんの前髪短くしてみるとか^^
ヴェラさん、とてもかわいい子ですから、さこみんさんもいかがですか?(と誘惑してみる。)

久しぶりの海外旅行なので、適度の緊張はありましたが、楽しかったです。

ミャウジーさんとヴェラさんのコンビ、娘がバイト先の人にラインで写真を送ったら名前を聞かれミャウジーさんは小さい時はかなり明るい茶色のストレートヘアーだった上の娘の名前、ヴェラさんは小さいとき天パーで髪がくりくりだった下の娘の名前ということで申告してもらい?ました。(今は上の娘はカラリングしているかな程度のブラウンヘア、下の娘は髪が長いからかゆるいストレートです)
上の娘は、マラケシュさんが写っていないのがさみしいとか言っていましたが、マラケシュさんはヴェネツィア2回も行っているからいいでしょ、ということで。。。(ぐだぐだな文ですみません)

それから、旅程通りにブログを更新しているので、ずっと広告が出たままでの更新になってしまいそうです('◇')ゞ
見づらい記事になってしまってもうしわけありません。
広告が出てしまっているブログは自動的にコメントが承認制になるみたいです。
ご迷惑をおおかけしますがよろしくです。

Edit | Reply | 

すみれん  2017, 10. 19 [Thu] 14:18

Re: No title

ありがとうございます♪
1枚目の写真、二人の表情がとてもよく撮れていて気に入っています。
サボテンですが、砂漠のような厳しい自然でも育つからかもしれないですね。

ヴェラさんの服、マナローラの街の旗の色とリンクしていましたね。
ミャウジーさんの服装は雨模様ではちょっと寒そうでした。。。

チンクエ・テッレは、トレッキングをしながら街を回るのもよさそうです。
ガイドさんはチンクエ・テッレトレッキングをしたことがあるそうです。
久しぶりに日本人と長い間話ができてほっとしましたよ。

黒と白の大理石のボーダーの教会の建築様式いいですよね。
チンクエ・テッレの中で一番豪華だったかな。
こちらを含む東リヴィエラはまた行きたいと思いました♡

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。