FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマルフィへ ~ ナポリ編 ~

IMG_1528re.jpg
 今日は、海洋共和国としてローマ帝国滅亡後も、地中海に君臨したアマルフィ共和国の古都アマルフィiに参ります。
 今回のツアーも日本人のみでバスで出発します。


IMG_1488re.jpg
 入り組んだ海岸線を熟練の技で高速運転するベテラン運転手さん。

 断崖絶壁萌えの方にはたまらないですね~


IMG_1492re.jpg
 レモンやオレンジの移動販売車も。


IMG_1521re.jpg
 途中ポジターノで写真休憩です。


IMG_1527re.jpg
 見晴らしの良いところで、レモンジュースとオレンジジュースを頼みました。
 こちらはシャーベットに近いもので、暑い日だったけど飲み切るのがたいへんでした。
 フレスカと頼めば、搾りたてのものが飲めたのでした。(次回があるならば、是非に覚えておかねば)
 

IMG_1558re.jpg
 織田裕二さん主演天海祐希さん出演の映画「アマルフィ」が撮影されたホテルだそうです。
 ツアコンの方の会社の人が多数エキストラで駆り出されたそうです。
 
 余談ですが、行きの飛行機の日本映画は織田裕二さんの「ボクの妻と結婚してください」と天海祐希さん主演の「恋妻家宮本」でした。
 なんか偶然なんですが、そんなのも面白いなと思ったのでした。


IMG_1560re.jpg
 アマルフィにお昼少し前に到着しました。
 黄金のモザイクと多色使いの大理石のアーチを重ねたファサードが印象的な大聖堂が見えました。
 さすがかつての首都のドゥオーモですね。


IMG_1564re.jpg
 ツアーは時間が限られています。
 添乗員さんが気を利かせてくれて、ランチのお皿がどんどん運ばれてきます。

 今回も白身魚のソテーとレモンソースのパスタにレモンケーキ。
 またもや飲み物はレモンビール(おいしいんですよ)です。
 パスタは大体私にとって量が多いですが、つい出されたものは食べてしまいます。(反省)
 南イタリアはお魚メニューも充実していていいですね。


IMG_1566re.jpg
お昼を食べてからは、しばし自由行動です。
ここはやはり、ドゥオモを見学しましょう。



IMG_1569re.jpg
素晴らしい回廊に来ました。
お二人さんを出したいところでしたが、人目も気になりましたので、そのまま撮影します。



IMG_1572re.jpg
教会内部はとにかく豪華で、美術品多数です。
こちらの聖母子のレリーフはとても美しいものでした。


IMG_1586re.jpg
主祭壇を入り口付近から撮影してみました。
壁面も柱も天井も、昔の人はまさに天国と思ったのではないでしょうか。



IMG_1591re.jpg
教会を出て、アマルフィの街を海岸側から見ようと海岸に出て来ました。
お二人さんも外に出てもらいましたが、風がちょっと強かったので、娘にミャウジーちゃんを支えてもらっての撮影です。
南だからでしょうか。
ヨーロッパなのにかなり湿気があります、



IMG_1596re.jpg
埠頭からアマルフィの街を見るの図。



IMG_1597re.jpg
埠頭から、断崖に貼りつくように広がる街並みを見ます。
アマルフィの街の建物は、白が基調で
これはこれできれいですね。



IMG_1604re.jpg
岩場は絶好の撮影ポイント。
今日は風も強くないし、御誂え向きに窪みもあるのでお二人さんに座ってもらいます。



IMG_1587.jpg
時間が余ったので、土産を探しに、再び街に戻ります。
イタリアのお土産でどこでも見かけるレモンの入ったお酒レモンチェッロ。
ミニボトルはその土地その土地の特徴が出ていて、可愛いものが多いです。
絵付色タイルや陶器も可愛いものがあって欲しいなあとも思ったのですが、割れるの怖さに諦めました。



IMG_1610re.jpg
結局、レモンチェッロのお店の隣の添乗員さんオススメのお店でピスタチオのジェラートを食べました。
とても美味しかったです✨


アマルフィからの帰りは、道路も渋滞なしで、バスの運転手さんのスキルも高く驚きの速さでナポリ駅に到着しました。
いったんホテルに戻り、晩御飯をスパッカ・ナポリの人気のピッツェリアで食べることにしました。
しかし、すごい行列で諦め、昨日のリストランテで再び食べることにしました。


20171027162659258.jpeg
お店に着いたのは、結構周りも暗くなってからでした。
イタリア人のご主人とローマに住んでいるという添乗員さんが、ナポリに1人で来た時には恐ろしいので、決して1人では外出しないことにしている(駅近くのホテルを取ってもらうそうで、食事も全部ホテルの中だそうです)と聞いて、かなりビビりましたが、お店の近くをポリスが巡回していたので安心でした。



2017102716270040d.jpeg
お店に入ると、昨日は見かけなかったお店のお兄さんが、お店の名物のムール貝のスープを勧めてきましたが、昨日食べたので断り、魚介類のパスタとムール貝とオリーブオイルのトマトソースとブルスケッタにしました。



2017102716270040e.jpeg
中でも魚介類のパスタは秀逸で、ずっと食欲のなかった私でしたが、これなら一皿1人で食べられると、興奮してしまいました。

旅慣れてきたというのもあるけど、やはり南イタリアは最高です。
そして、添乗員さんも言っていましたが、ナポリはとにかくパンもピッツァも塩加減といい、もちもち加減といい美味しいです。
ぜひ、又、いつか訪れたいです。


次回も、ナポリ編になります。

    
                    
 


italy_map.gif

  




                    
 


IMG_1606re.jpg
風が強いのでつい寝かせてしまう。。。
スポンサーサイト

COMMENT - 2

みゆき  2017, 11. 09 [Thu] 12:24

アマルフィって映画、ありましたね~!
見てないですが、予告編の美しい景色が印象に残ってます。
ドゥオモもやはりきれいですね。

お食事はどれもおいしそうです。
ムール貝があると地中海って感じがしますね。
魚介類のパスタは、タコが結構大きいままで入ってるんですね♪

バスの運転手さんも、うまい人でよかったですね。
私もヴェネチアでゴンドラに乗った時、船頭さんたちがおしゃべりしながらお気楽に漕いでるように見えたけど、かなり細い箇所も船どうしぶつからずすいすい行ってたので、さすがプロだと感心しました。

ブライスちゃんたちもモノトーンのコーデですてきです。
白い街並みに合わせられたのでしょうか。

Edit | Reply | 

すみれん  2017, 11. 10 [Fri] 01:25

Re: タイトルなし

アマルフィ、テレビで確か放映していて見た記憶があります。
綾瀬はるかさんのホタルノヒカリのローマ編もそうですが、ここでとる必要あるのかな?的な映画だったかもですが、私は織田さん割と好きなので(笑)楽しんでみました。
ドゥオモ、豪華ですよね~
こちらも博物館込とはいえ入館料取るだけのことはあります(苦笑

ツアーは時間にとにかく縛られるので、なんだかな~というところもあるのですが、普通に入ってこれを頼むと1時間半はかかってしまうので、お味とともに時間も節約できたので、かなり良かったと思います。

バスの運転手さん、とにかく陽気で楽しい人だったのですが、いったんハンドルを握ると人格変わるのか(でも全然雑な運転とかではなく、細食て険しい道をすいすいと運転するのです)まさにプロフェッショナルという感じでした。
添乗員さんも、こんなに短い時間でアマルフィからナポリに着いたのは奇跡に近いと絶賛していました。

アマルフィは高級リゾートなので、ちょっと大人っぽいコーデにしてみました。
といいながら、幼い二人なんですけれどね^^

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。