FC2ブログ

ハンガリーにて  ~ エゲル ~

マラケシュ通路
城塞から街を見晴らすマラケシュ


さて、二日目はブダペストから電車で二時間弱のところにあるハンガリー北東部に位置し、マートラトビュックの山々に囲まれた高原の町エゲルへと向かいます。
かつて司教座の中心として栄え、今なおバロック様式の歴史ある建造物が数多く残る街で、街そのものが生きた博物館といわれているそうです。

マラケシュが着ているのは、あちゃちゅむずきんさんのデフォ服、スプライトが着ているのはジョアナゲンチアナさんのデフォ服になります。
二人とも民族衣装が似合いますね♡

通路スプライト

ちょっとうつろな表情のスプライトがかわいい。


エゲル大聖堂と二人

まず向かったのは、古くから司教座がおかれた格式高い大聖堂。
二人とも神妙な顔をしています。



エゲル大聖堂正面

かつては、大聖堂と同じ丘の上に建てられていたようですが、オスマン帝国軍の大襲撃などで破壊され、1831~1836年に新しく建てられたそうです。
新古典様式で、左右の党の高さは54m、正面に並ぶコリント式の列柱は17mの堂々とした姿です。


エゲルの町全景

大聖堂から、エゲル城の建つ旧市街を望む丘の上にきました。
城塞からエゲルの町祖見下ろすと、ミナレットと呼ばれる尖塔が見えます。

こちらの尖塔は、トルコ軍支配の時代に建てられたモスクの唯一の名残で、エゲルのシンボルともなっているそうです。
こちらの尖塔はかなり老朽化しているそうですが、上から見る街の景色は絶景だそうです。(娘たちは上らなかったみたいです)



エゲル城通路の二人

この十字架は何なんでしょうね。


ランチサラダ

ランチはヘルシーな感じ^^


P2150238.jpg

エゲルといえば、ワインの産地としても有名で、「雄牛の血」を意味するエゲル産のエグリ・ビカヴェールは、ハンガリーを代表するワインの一つだそうです。


P2160242.jpg

P2150239.jpg

ということで、街の中心から南西に2kmほどのところにあるブドウ畑の丘に囲まれた美女の谷へと向かったようです。
山肌に穴をあけたワンセラーが30軒以上も並び、それぞれ自慢のワインの試飲もできるそうです。



壁面ワイン

壁面に並ぶワイン。
なかなかオサレなディスプレイですね^^


で像と二人

たっぷり試飲をした後は、酔い覚ましにお散歩。
後ろの女の子の像は誰かな。



木々と二人

民族衣装が風景になじみますね。


エゲルのごはん

ランチは、ハンガリー風ビーフシチューのマルハ・プルクルト。
おいしそう~


ブダペスト東駅のライトアップ

さて、ブダペストに戻ってきました。
ライトアップされた東駅が美しいですね。



尖塔と二人
スプライトに角が生えた?
スポンサーサイト

COMMENT 4

みゆき  2019, 06. 22 [Sat] 14:55

城塞での写真、なかなか撮れない風景で、すばらしいですね!
石の色と民族衣装がピッタリ合っていて、好きな写真です。
行く場所に合わせて、着替えを用意されたんでしょうか。
このデフォブーツはコーデ的にはもちろんですが、脱げにくいので旅行にいいですね☆

マラケッシュさんは余裕の表情、スプライトさんも独特のけだるい雰囲気がすてきです(#^^#)

ワインのお店が並ぶ街並みも静かで落ち着いていて、ゆっくり散策できそうですね
お天気もよくて、素敵な旅になってよかったですね♪

Edit | Reply | 

すみれん  2019, 06. 23 [Sun] 00:05

みゆきさんへ

城塞でのマラケシュの写真が、今回の旅では一番いい写真だったかな、と私も思っています。
娘の旅行の際のブライスの服は、行く場所を聞いて、よさげな服を写メしてラインに送って娘と打ち合わせをして決めています。
自分はいけないのですが、このやり取りが結構楽しかったりします。
ハンガリーは、ハンガリー刺繍が有名なので、できればそれを模したお洋服を作って持って行ってもらいたいな~と思っていたのですが、時間が足りず、ということで、民族衣装っぽいデフォ服での組み合わせを考えました。
あちゃさんの服はマラケシュにピッタリでしたし、ジョアナさんの服は万人に似合うので良かったかと思います^^
みゆきさんのおっしゃるように、このブーツは真夏以外使える優秀靴ですよね♪

マラケシュとスプライト、よいコンビぶりだったと思います。
お天気に恵まれ、特に災難に遭うこともなく本当に良かったです。

楽しんでいただけたようでうれしいです。

Edit | Reply | 

さこみん  2019, 06. 26 [Wed] 17:43

エゲルという歴史ある町並みにあちゃさんとジョアナさんの服がよくマッチしていますよね♡
さすが本場といいますか、あちらの空気にしっくりきている気がします。
セレクト、さすがです!

それからミナレット、ロケットのような鋭いかたちがそれだけ異様に思えたのでぐぐってみました。
もちろんご存じだとは思いますが、階段が狭いので窓もないらせん階段をたった一人で昇り降りするとか、って。
はぁ~肝試しですか!
でも登り切ると絶景が待ち受けているんでしょうね。
でも待ち時間がかかってしまうのだとか。
それで娘さんたちも断念されたのかな。

ランチはおっしゃるとおりお野菜多くてとても美味しそうです!
手前のお皿の白い細い食べ物はチーズ、それともパスタですか?
キャベツの千切りではなさそうですし。
下にクレープらしきものも見えますね♡

なんて、今回も珍しい景色を楽しませていただきました(*^^*)

Edit | Reply | 

すみれん  2019, 06. 27 [Thu] 23:28

Re: タイトルなし

さこみんさんへ

オレンジ色の岩盤にオレンジ色の屋根が並ぶ街並みに、あちゃさんやジョアナさんのデフォ服はとってもに合っていますよね。
セレクトほめていただきうれしいですが、逆に言うとそれしかなかったと申しましょうか(苦笑)
何のかんの言ってデフォっていいですよね^^

ミナレット、ロケットの前身みたいなフォルムで、天まで届きそうなかんじですよね。
ミナレット込みの風景のほうがインパクトあるし、時間もないしで塔に登らなくてもいいかということで、娘たちはのぼらなかったみたいです。

ランチですが、ブダペストで食べたビーフシチューの付け合わせと同じく、ガルシュカと言って、ニョッキのような食感のものの一種だそうです。
パプリカがふんだんに使われた、彩り豊かなハンガリー料理はおいしそうですよね。

日本とは違う風土の景色は、見ていてウキウキしますね。
楽しんでいただけてとっても嬉しいです。
ありがとうございました♪

Edit | Reply |